JimmyのオリジナルCD
このサイトから購入できます

お買い上げ有難うございましたすべて、完売いたしました。

 
 
 
 



    

 いつもジミーを応援して頂き、ありがとうございます。
 また、仕事を離れての交流会などにお誘い頂き感謝申し上げ
 ます。
 カントリーミュージックのライブやコンサート、また色んなミュー
 ジシャンとのふれあい等 大切にしていきたいと考えています。

 何よりも、クライアントの皆様からのご支援や、カントリーミュー
 ジックの楽しさ、ジミーのパフォーマンスをご理解して頂き、本
 当に感謝申し上げます。
 これからも、地域の方々や音楽ファンの皆様のため、一生懸
 命尽くして行きます。どうかよろしくお願いします。

                              Jimmy Watanabe

 
 2006年に入り、お世話になっている大学教授「政岡氏」の協力
 の基、オリジナル曲が完成。アメリカ、フィリピンの大学を経て
 長崎での出会いをきっかけに、英詩を提供。ジミーが曲を作る


 Jimmyが子供たちのサッカーを指導している中、感じたことを
 素直に表現してみました。 大人の都合などで、子供たちの純
 粋さを奪われているケースや虐待、ましては凶悪な犯罪など
 が多い現在から子ども達を守りたい気持ちで作曲。

 聖書の言葉を引用して、サビの部分で表現。

 我々大人は「子供のような心でないと、天国へは行けない」 
 (旧約聖書)

 私も大人の一人です。今1度、子供のハートを考えました。

 ジミーが住む街、長崎をイメージして作った曲。
 作詞の「政岡氏」が住み慣れた長崎から故郷の横浜へ移り住
 む 際、 この街で出会った友、港、ダウンタウンの裏通り等、親
 しんだ思 い出から離れていく淋しさを表現。


 原爆投下の街 長崎。世界への平和を願う
気持ちで2006年8月
 の平和コンサートへ向けて作ったナンバー。両親ともに被爆者
 で常にその時の悲惨さを聞いてきました。この悲惨さを伝える
 ことを絶やしてはいけない。
 少しでもこの歌を歌うことで世界への平和を願い、ひとりでも多
 く、小さな争いごとすらやってはいけないという気持ちが持てた
 らと思っています。


 《簡訳》

 
・私達は支え合う為に生まれてきました。イエスとのつながり
  を失ってはいけません。いつもイエスは私達と共に歩いてい
  ます。
  でも、時々私達はイエスの愛を見失ってしまいます。
  イエスよ、私達は弱すぎて一人で立つことが出来なくなりま
  す。
  そんな時どうか、手を差し伸べてください。

 
 


 
 
 
 
 
Copyright (C) 2007 Jimmy Watanabe. All Rights Reserved.